プロフィール
RABBIT-FOOT
RABBIT-FOOT
のんびりと更新していきます。
NAM中心のつもりですが、時折突拍子もないジャンルの記事を書く事もあります。
温かい目で見守ってください(笑)
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
QRコード
QRCODE

2013年10月19日

UZIと私。

前回、ひっさ~しぶりに引っ張り出してきてから妙に愛着がスパークしてます(笑)
くうぅぅぅ たまらん!
イスラエル産まれのタフガイ!
今回はUZIについてブツクサと…。

UZIって実は結構古い銃だったりします。

第二次世界大戦後に「敵はまだいるぞぉ!俺達の戦争はまだ終わっちゃいねぇ~んだ!簡単な訓練で使用できる銃火器を作るぜぇ~!」ってことで、イスラエル陸軍兵器研究所の「ウジエル・ガル」がスタッフを束ね製造を開始しました。

しか~し、工業基盤が貧弱なため複雑な機構の銃は作れない…。

「ん~…じゃ~あぁ~部品点数を極力減らしてぇ~、プレス加工を多用して単純設計にしちゃえばいいんじゃね?」って試行錯誤を繰り返しUZIの基礎を作り上げました。

その結果、独特のL型構造ボルトにより3,800gと重くなってしまったが、フルオート射撃の制御も容易で総合的に優れた性能を持つ銃が完成しました。

そしてめでたくイスラエル国防軍に採用されたのみならず、その優れた性能と生産性の高さから旧西側諸国で高く評価され西側で多用される短機関銃の一つとなりましたとさ。



もちろんアメリカでもシークレット・サービスなどで採用されていました。



レーガン大統領暗殺未遂事件の1コマ。



…が、お金のある国ではクローズドボルトで命中精度の高い同じ9mm口径のH&K MP5に取って代わられてしまいました。

でも、UZI自体は現在でも優れた性能・信頼性を誇り、高価なMP5は中小国で運用し辛いため現在でも多くの国で運用され続いています。


ベトナム戦争でもUZIは使用されていたようですが、ごく少数だったと思われます。
(極めて資料が少ない&信憑性が危うい…。)
アホカリで強行使用した時…。







そこで、なんとなく長さの比較をしてみました。
おぉ、ほぼ同じ!
ストックを伸ばすと…。
やはりほぼ同じ。
んん~、サプレッサーは譲れないなぁ…。




続いてITHACA M37と
若干UZIの方が長いかな??




最後にXM177E2と
コレは…ねぇ。




実銃スペック

UZI
使用弾薬   …  9×19mmパラベラム弾
銃身長    …  265mm
ライフリング …  4条右回り
作動方式   …  オープンボルト方式
発射速度   …  600初/分
重量     …  3800g
全長     …  470mm(ストック展開時 … 650mm)

ゲームとかで持ってるとちょっと小馬鹿にされる感はありますが、ほのかにリコイルを感じられるし弾道がビックリするほど素直!!

初めて手にする方には色んな意味でおすすめしにくいところではありますが、イイ銃です。





同じカテゴリー()の記事画像
XM特上握り
過度なストレス(笑)
XMプラパーツ リアル化計画!
俺色に染まれっ ~AK47S泣きつき&完成編
俺色に染まれっ ~AK47S組み込み編
俺色に染まれっ ~AK47S下準備編
同じカテゴリー()の記事
 XM特上握り (2014-12-26 18:09)
 過度なストレス(笑) (2014-10-04 16:21)
 XMプラパーツ リアル化計画! (2014-06-11 18:11)
 俺色に染まれっ ~AK47S泣きつき&完成編 (2013-06-27 10:32)
 俺色に染まれっ ~AK47S組み込み編 (2013-06-23 17:07)
 俺色に染まれっ ~AK47S下準備編 (2013-06-10 10:33)
Posted by RABBIT-FOOT at 15:53│Comments(2)
この記事へのコメント
サイレンサー付きのUZIカッコいいです(^O^)
ですが思ったよりUZIって大きくて重たいんですね。

欲しかった銃でしたが素直な弾道と聞いて私もいよいよ踏ん切りがつきそうです。くうぅ~!
Posted by Kingbee at 2013年10月19日 19:02
>>Kingbeeさん

UZIイイですよぉ!マルイさんのは軽いですから!

AKと比較しましたが、グリップの位置はUZIの方が前なのでサプレッサーの長さもあまり気になりませんよ!


ただ、心配なのはスペアパーツの有無です…。
Posted by RABBIT-FOOTRABBIT-FOOT at 2013年10月19日 23:36
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。