プロフィール
RABBIT-FOOT
RABBIT-FOOT
のんびりと更新していきます。
NAM中心のつもりですが、時折突拍子もないジャンルの記事を書く事もあります。
温かい目で見守ってください(笑)
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
QRコード
QRCODE

2013年10月25日

良い子はマネしないでね(笑)

段々と肌寒くなってきましたね。
今回は海軍をクローズアップ。パッチ(とジャケット)のお話です。

…やはりちょっと古めなんですが…F-14 TOMCATです。


TOMCATといえば、映画『TOP-GUN』や『FINAL COUNTDOWN』などで有名な戦闘機です。

色んな部隊が運用していましたが、中でも『FINAL COUNTDOWN』に登場した
「VF-84 Jolly Rogers」が最もインパクトが強く、メジャーだったのではないでしょうか?



垂直尾翼のクロス・ボーン(海賊旗)がトレードマーク。



TOMCATは日本の空も飛んでいました。

1991年9月10日、厚木航空基地に「VF-154 Black Knights」のF-14Aが「VF-21 Freelancers」の機体と共に飛来。
横須賀海軍基地配備の空母は「USSミッドウェイ」(CV-41)から「USSインディペンデンス」(CV-62)【フォレスタル級航空母艦の4番艦】に変わったばかりで、この2部隊はCVW-5(Carrier Air Wing-5/第5空母航空団)へ編入され本国(アメリカ)ミラマーから遠く離れた厚木をホームベースとしていました。


そこで本題です。「やっちまったなぁ…仕様」のフライトジャケットを見ながら「VF-154 Black Knights」の鮮やかなパッチについて徒然と…。(ベースのフライトジャケットはCWU-36Pです。)



TOMCAT最後の記念のつもりで作ってみましたが、気が付くと着るのが小っ恥ずかしい感じになっちゃってました。
(違った意味で勇者の鎧!?)
今は部屋の装飾品でしかありません(笑)




上は「USSキティーホーク」(CV-63)のパッチです。「この船に乗ってるよ~」って事を示してます。
「foreign legion」(日本を守る外人部隊)って入ってます。
下はネームタグ・パッチです。着用者の名前が入っており、パイル&フック(面ファスナー)でくっついてます。
ちなみに海軍機を操縦する乗組員は「パイロット」とは呼ばず、「アビエーター」って呼ぶみたいです。




Black Knightsのスコードロン・パッチ。所属部隊のパッチです。




デルタ・パッチ。2002年からこのデザインに変わりました。




上…TOMCATのマスコット・パッチ。
ネコちゃんの尻尾が2本あるのはTOMCATの垂直尾翼が2枚あるためです。
下…9.11のミニ・パッチ




こちらもTOMCATマスコット・パッチ(航空時間バージョン)。
2000時間を越えたので重ねて縫い付けてあります。




TOPGUNの卒業を記念するパッチ。




空母キティーホークへの着艦回数を表すパッチ。
200回を越えたので重ねて縫い付けてあります。




空母キティーホークへの夜間着艦100回を達成した記念のパッチ。
CWUになっても伝統のCV-41時代からのWEPのポケット型センチュリオンの形となっています。




航空100周年記念パッチ。
これはライト兄弟が人類初の動力飛行に成功した1903年12月17日からの100周年を記念したパッチです。
「キティーホーク」とはノースカロライナ州の地名で、ライト兄弟の動力付き飛行機フライヤーが初めて飛行に成功した場所です。
パッチのデザインは、左半分にフライヤーと空母キティーホーク、右半分に飛行隊の航空機と模様が刺繍されています。




BANZAI BABYパッチ。
元は1991年にF-14の日本展開を記念したパッチでしたが、よほど気に入られたのかF14退役まで使われていました。




VF-154 在日10周年記念パッチ。
VF-154 Black Knightsが2001年に迎えた在日10周年の記念パッチです。




AIM-54 Phoenixパッチ。
AIM-54フェニックスミサイルは、F-14にのみ搭載可能な長距離艦隊防衛用空対空ミサイルです。
1965年からDA-3B Skywarrierを使ってPoint Muguミサイル試験場にて発射テストが行われました。
1972年から製造が始まり、1974年より着々と部隊に配備されていきました。
弾頭は通常弾頭で、射程150kmを誇るこのフェニックスミサイルは、F-14 Tomcat 1機で最大24の目標に対して6基のミサイルで6つの目標を相手に出来る能力を持っており、 海面上を高度15mシーキングスで飛んでくる対艦ミサイルから、高度24,400mをマッハ3で飛んでくるMigまでも撃墜が可能なミサイルです。
ただし、F-14にフェニックスを6発搭載した状態での航空母艦への着艦は重量と甲板強度の関係上不可能であり、着艦時には海上で2発投棄する必要がありました。
そのため、運用規定により通常はフェニックスの搭載は4発以下に制限されていました。
アメリカ海軍がF-14用に配備したものの、実戦ではほとんど使用されませんでした。
ちなみにアメリカ海軍は、2004年9月30日にフェニックスを退役させています。




LAST TOMCAT CRUISE 2013パッチ。
2003年、日本を離れ本国に帰還する際に作られたメモリアルパッチです。




JOPAパッチ。
JOPA(Junior Officer's Protection Association/下級士官愛護協会)は実在しないショーク協会です。デザインは中佐と少佐の階級が描かれており、「上官から無理な命令を頂戴しないように!」という大尉や中尉の人が付けるジョークパッチです。




CVW-5パッチ。
CVW-5(Carrier Air Wing-5/第5空母航空団)に所属している事を示すパッチ。
地上基地は神奈川県にあるアメリカ海軍厚木航空基地で、空母航空団の中で唯一アメリカ合衆国本土以外に展開しています。




Operation Iraqi Freedom作戦参加記念パッチ。
2003年1月23日、USS Kitty Hawk (CV-63) が横須賀を出航し、2月7日にペルシャ湾に向かうよう命令を受け、2月26日にペルシャ湾に到着しました。
3月19日には「イラクの自由作戦」が始まり、CVW-5の各航空機が作戦に参加しました。




VF-154 最後の在日戦闘飛行隊パッチ。
在日米海軍最後の戦闘飛行隊となるVF-154の記念パッチです。
VF-154では珍しい赤地に白縁の配色ですが、これは展開先の日本を意識した「日の丸」からきているようです。
カタカナで書いてる部隊名は某有名薬局のロゴを真似したものらしいです。




VF-154 50周年記念パッチ。
VF-154 Black Knightsのルーツは、1946年にNASニューヨークでVBF-718として編成されたのが始まりです。
その後、VF-68A、VF-837と改編し、1953年に「VF-154」になりました。
このパッチはVF-154になってからの50周年を記念したパッチで、デザインの左半分はF-4時代までのスコードロンマーク、50周年の盾を挟んで右側は現行マークになっています。
左右から4機飛んでいるのは歴代のVF-154使用機種です。




Operation Enduring Freedom(不朽の自由作戦)パッチ。
2001年9月11日の同時多発テロの報復作戦で、 2001年10月7日より始まったタリバンとアルカイダの撲滅作戦のパッチです。
Black Knightsはこの作戦に参加していなかったと思われますが、デザインに惚れて貼っちゃいました。




VF-154 Thandem Thrust 2001パッチ。
オーストラリアとの大規模演習「Thandem Thrust」に参加した時の記念パッチです。
CV-63による参加でしたが、これは部隊専用のバージョンです。
F-14のマスコットがサーフィンをしているのは、展開先のオーストラリアを強く意識したデザインです。




VF-154 ANY KNIGHT BABYマスコットパッチ。
VF-154の旧マスコットパッチで、来日前から使われていたパッチです。




CAT to RHINOパッチ。
VF-154が本土移動になり、代わってVFA-102 DiamondbacksがCVW-5/CV-63に配備される記念パッチ。
VF-154が使用していたTOMCATがF/A-18 HORNET(VFA-154)に代わる意味も含まれているようです。




SAYONARAパッチ。
1991年から2003年まで日本に居たBlack Knights。日本に別れを告げる記念パッチです。




Black Knightsのスコードロン・パッチ。
イギリス人デザイナーによって描かれたミレニアムを記念して2000年に製作されたY2Kパッチです。
どうやら実際に右胸に貼って使用していたパイロットは1人もいなかったようです。






こうしてVF-154 Black Knightsはアメリカ本土に帰りF/A-18 HORNETを受領してVFA-154に改編されました。

最後になりましたがTOMCATのスペックを。

全長 … 19.10m
全幅(翼前進位置20°) … 19.54m
全幅(翼後退位置68°) … 11.65m
全高 … 4.88m
自重 … 11.19kg
エンジン … P&W TF30-P412A/414A ×2
搭載可能兵装 … 20mm M61A1 ×1(最大675発)・AIM-9L/M/P (最大4発)・AIM-7F/M (最大6発)・AIM-54A/C (最大6発)
LANTIRNポッド・Mk.82/83/84 クラスター爆弾・及びレーザー誘導爆弾 (計6.500Kg)・TARPSポッド (改修機のみ)

※各武装の最大搭載可能数。それぞれ同時には最大数で装備できず、組み合わせが必要になる。



アメリカ海軍のパッチは色鮮やかで見ていても飽きがこない物が実に多いです。
…が今、振り返ると投資した金額にゾッとします(笑)。

当ブログ初の長記事になっちゃいましたが、最後までご覧頂きありがとうございました。




この記事へのコメント
Doctor Who is now considered a British Institute and has come a long way since it first aired on November 23rd 1963. The very first show saw the Doctor travel 100,00 years into the past to help some dim cavemen discover light. After 26 seasons and seven Doctors later the series came off our screens in 1989 much to the disappointment of the huge devoted fanbase. In 1996 an attempt was made to revive Doctor Who but it wasnt until June 2005 when it came back with a vengeance with Christopher Eccleston as the ninth Doctor that put the series back on the map as it were. It then went on for 5 years with David Tenant portraying the Doctor until 2010 when Matt Smith took over the role. Today it is still a great family show and has attracted many new fans.

If youre a new or old fan of the show there are Tours and museums you can go and see some of the locations and memorabilia of this classic show. The Doctor Who Tour of London will take you on over 15 locations from the show, some from the new series and some from old sites like the location of The Invasion and Resurrection of the Darleks. The tour also takes you to the TV museum in London where you will get to see some of the cosumes worn in the show and props used. Also you can buy gifts and memorabilia from the shop.

You will learn all about how the shows were made so the tour is also educational. If you want to take pictures of the locations thats not a problem. Remember the front door of 10 Downing Street in Aliens of London? Well you can get up and close to this and get your picture taken in front of the door. Rose Tyler fans will love the tour as you get to drop by her home in the show.

Why not go that extra mile and actually meet a Doctor Who star. Well this is possible with private or group tours. You will get the general tour but included will be a pre-arranged meeting or lunch with a celebrity from the show. This will obviously depend on availability of the celebrity and the cost will reflect the popularity of that celebrity.

There are tours in London and also Wales. The Wales tours take you to Cardiff where you will see lots of location which were featured in shows since 2005. You can leave from London or at Leigh Delamere services station on the M4. There is a Doctor Who exhibition in Cardiff which you get to see. At the end of the Doctor Who tour you get a souvenir group picture sent you by email which is a nice touch.

For seriously devoted Doctor Who fans there is a 3 day tour which takes you to all the locations in both London and Cardiff. You will see locations from the past 45 years as well as recent sites from the lasted Doctor Who series. Day one is based in London where you get to see 15 sites. Day two takes you to Cardiff where you get to mean the real life owner of the to see we have an Gothic property used as the location of the school in Human Nature. The final day is partly spent in Cardiff with a walking tour at Cardiff Bay, then you head back to London but a stop at Stonehenge to see the site of the Pandoica. Then its dinner at The Cloven Hoof pub in Devils End b efore you taken back to central London.

 
Posted by TerryIdert at 2017年10月03日 09:20
Writing a medical thesis or dissertation is a task done by almost all postgraduate and master's medical students. Dissertation is derived from the Latin word disserto which means discuss. It is essential to write successful medical papers such as medicine essays and medical thesis papers. There are several reasons as to why students write medicine essays. One of the reasons is to promote enhancement of critical judgment, research skills as well as analytical skills. Moreover, medicine essay writing produce students with the ability to 4evaluate and analyze data critically.

The initial step for writing medicine essays is to choose a topic. A writer should have at least three topics to choose from. The topic has to be interesting, feasible and relevant. It is essential to write quality medicine essay. Hence, students need to have analytical skills and perfect writing skills. The writing skills will enable them write outstanding essay papers that can be highly regarded by instructors and professors. Teachers often require a lot and expect a lot from their students in terms of medicine essay writing. for this reason, students find essay writing to be an extremely difficult task and hence resort to buying custom medicine essays.

A custom medicine essay has to be written by professional writers who are qualified in the field of nursing. Moreover, the custom medicine essay has to be original and plagiarism free. This means that it has to be written from scratch by experts with many years experience. The many years experience should enable a writer to write any form of medical paper including medical thesis, medicine essay and even medicine research paper. Moreover, experience will enable a writer to write a medicine essay that can guarantee academic success.

Students get custom medicine essays from custom writing company. It is essential to choose the best company so that one can get the best custom medicine essay. The best and the most reliable medicine essay writing company should have some unique characteristics such as affordability and the ability to provide original and superior quality medicine essays. The other quality is that the company has to hire expert writers who can write quality medicine essays and other types of medical papers. The essays should not only be quality but also plagiarism free and free of grammatical and spelling mistakes.

A custom medicine essay has a similar structure to any other academic essay assignment. It has an introduction that introduces the topic and tells the reader what the essay is all about. The second section is the body that has many paragraphs supporting the main topic. Finally there is the conclusion that briefly summarizes what has been discussed in the body section of the essay. Students should choose reliable writing companies so that they can get quality custom papers on several fields such as technology, sociology and law in addition to medicine field.

Our custom writing company is the best company that all clients should rely on when in need of any given type of medicine paper. We provide quality papers that not only plagiarism free but also original. Moreover, our custom papers are affordable and able to guarantee academic excellence at all times. All our medical papers are reliable and sure of satisfying clients at all times.

 
Posted by FelixHek at 2017年10月11日 10:38
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。