プロフィール
RABBIT-FOOT
RABBIT-FOOT
のんびりと更新していきます。
NAM中心のつもりですが、時折突拍子もないジャンルの記事を書く事もあります。
温かい目で見守ってください(笑)
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
QRコード
QRCODE

2014年02月09日

1本釣り…。

ソチオリンピック始まりましたね~。冬のオリンピックはスノーボード系の競技が楽しみです。
ギアは全て揃ってるけどパークに行くのが億劫な今日この頃…(歳とったなぁ)。

さて今回は『STABOハーネス』の弟分、『SPIEハーネス』の紹介を。


Special Patrol Insertion/Extraction (SPIE)システムは偵察パトロール隊をヘリが着陸できないような地形に急速に展開(抽出)する手段として開発されました。STABOの進化版ってワケです。


STABOとの違いは『ハーネスが独自になっている』・『吊り下げポイントが1点』という点です。
STABOはハーネスのベルトループにピストルベルトを通す事で装備を一体化する事ができますが、SPIEにはそれができません。
(80年代後半から腰周り中心だった装具がタクティカルベストやボディーアーマーの普及によって胸部へ移りつつあったので、恐らく多様化する装備に合わせた結果なのでしょう。)

決定的に違う点はSTABOは陸軍で開発・運用されましたが、SPIEは海兵隊の第1フォースリーコン中隊(1st Force Reconnaissance Company)と第1海兵偵察連隊(1st Reconnaissance Battalion)と第1海兵航空団(1st Marine Aircraft Wing)によって開発された点です。
彼らは公式にSPIEのテストを推奨される前にいくつかのバージョンを作成し、実戦テストを行っていました。

そして、海軍のパラシュート部隊Naval Parachute Unit (NPU)と海兵隊のテストジャンパーがEl Centro(エル セントロ海軍航空基地)にテストと評価のため集められ、数回のダミーによる試験の後に、ブルース・F・メイヤーズ海兵隊少佐と4名の海軍パラシュート部隊員がSPIEを使用し始めての飛行に成功しました。

このリグを実戦投入することによって脱出と救出をより容易なものにしました。
ちなみにSPIEはアメリカ沿岸警備隊(United States Coast Guard )でも採用されているようです。


SPIEハーネス…表





股・金具


胸・ストラップ連結部


背中・抽出部


タグ


STABO




STABOより使用金具点数が少ない分、若干軽く感じます。
しかしFORCE RECONやSEALS等の強襲部隊がSPIEを装備する時、胸部の金具と背部のストラップがボディーアーマーのプレートと干渉するので着け心地は決していいものとはいえません。
偵察をメインに行う部隊はボディーアーマーを着用しないだろうから、着け心地はまずまずといったところでしょうか。
写真のSPIEは恐らく前期型で肩パットが装着されています。型が変わると肩パットは廃止され、念願?のお股パットが装着されます。
さぞ快適になったでしょう(笑)。


↑ん~大漁大漁…。
着用しているボディーアーマーはCIRAS(Combat Integrated Releasable Armor System)でしょうか?



…で、昔から疑問でたまらなかったんですが、

普段はビラビラが邪魔っクサイのでメスのベルクロで封印している胸の所のコレ…


なんでしょう???リグをコンパクトに携帯するモノなんでしょうか?
にしては付いてるベルクロはオスだし…どなたか教えて下さい!!






同じカテゴリー(装備 【After NAM】)の記事画像
PMCをガチで考える…
PACA コノ野郎!
Woodlandのニクいヤツ
FORCE RECONになりたい!??
そうだ…ソマリアに行こう!
PMCを考える…
同じカテゴリー(装備 【After NAM】)の記事
 PMCをガチで考える… (2015-01-30 18:33)
 PACA コノ野郎! (2014-12-07 18:44)
 Woodlandのニクいヤツ (2014-02-19 17:54)
 FORCE RECONになりたい!?? (2013-12-02 16:05)
 そうだ…ソマリアに行こう! (2013-11-12 17:38)
 PMCを考える… (2013-09-29 10:54)
この記事へのコメント
STABOのように装備の負荷があるわけでもなく
吊られるときも肩にはあまり力がかからなそうですね。
確かに股のほうがパッド要りますよね。
画像の海兵、食い込んでて脚が痺れそうです(笑)
Posted by KingbeeKingbee at 2014年02月09日 22:04
>>Kingbeeさん
私、友達が所有しているクレーン車で20mほど上昇してみましたがコレは安定感抜群でした。さすが実物って感じでしたね。…が少なからず股へのダメージはありました。ダメージを軽減させるにはお股をおっ広げて重心をでん部に持ってくるのがコツだと思います。

STABOはチェーンブロックで5~60cm浮かんでウロウロしましたが、基部の連結方法に問題があったのか股のダメージより両肩のストラップが首に食い込んで、股どころの騒ぎじゃなかった事を覚えてます(笑)。

実際にヘリに吊るされて移動したら、地面に足を付いた時まともに歩けなくなるのは確実ですね。この訓練を受けた隊員はシャワー室ですぐバレちゃいますよね。
Posted by RABBIT-FOOTRABBIT-FOOT at 2014年02月09日 23:21
こんばんは!
こちらでは初めてコメントさせて頂きます。
『お股パッド』に笑ってしまいました。でも彼らには切実な問題ですよね。股間を痛がっているうちに敵に撃たれた。。。なんて笑ってる場合ではないです^^;
Posted by Luke GETSNOLuke GETSNO at 2014年02月18日 20:32
>> Luke GETSNOさん
こんばんは!
コメントありがとうございます。
人間を吊るして飛ぶわけですから、パイロットも必死だと思います。吊るされる人間はもっと必死です。これは死地から脱出すると言っても過言ではないギアなので、そういった彼らのストレスを少しでも軽減するため軍はもっと早くお股パット導入をすべきっだったのでは…と思います。
今となっては過去のお話なんですが…(笑)。
Posted by RABBIT-FOOTRABBIT-FOOT at 2014年02月18日 22:14
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。