プロフィール
RABBIT-FOOT
RABBIT-FOOT
のんびりと更新していきます。
NAM中心のつもりですが、時折突拍子もないジャンルの記事を書く事もあります。
温かい目で見守ってください(笑)
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
QRコード
QRCODE

2014年06月03日

拝啓、『NAM☆NAM2014』より。~前半戦

5月31日~6月1日に開催された『NAM☆NAM2014』に行って来ました!

今回はその前日とゲーム前半のレポートをお送りします。


私共RT VIKINGでは遠路遥々、千葉県よりCOSTCO殿が参戦!こりゃテンション上がりますわな。アホカリでしか会えないって思ってましたから。


本隊と合流後、会場入りして早速キャンプの設営に取り掛かります。


Oパーツが多々写り込んでますが霊障の類ではありません(笑)




とりあえず着替えてCostco殿と記念撮影!奇跡的に2人ともタイガー…。
RABBIT's WORKS製のIDもなかなかの評価で一安心でした。



私のXMにはマルイのグリップをフォアグリップにして使ってましたが、やっとモデルガンのグリップが手に入り気分上々です!
脱・メタボって言ったところでしょうか(笑)
色々勉強したのでアホカリまでにもっとリアルに改造してみます。


BOW軍曹のXMをいぢくりまわす私。
ウェザリングを施したのか、こうなってしまったのかよく分からない程自然なダメージ…。
これが“ベテラン”の風格なのか!?
ウチの隊のベテラン殿達の銃は外装もハンパない…。私も早く追いつきたい!



こうしてNAM談義に花を咲かせ夜は更けて…
…いじりやすく、お酒の飲めない私は酔った軍曹達に永遠に絡まれるのでありました。(涙)







そして夜が明け作戦当日に。
HOP調整しつつ試射CISOが調達してきた銃の性能評価をしたり…


手榴弾に書かれている印刷を消さずに装備する小細工方法を伝授したり…




ペイントを施したりして各々CPからの出動命令を待ちます。


コレが今回のMAP。(デジタルリマスター版w)


その時、CPから出動命令が!
「RT-VIKING TEAM1とTEAM2はP1、P3を経由しP4に展開するVCを叩け!」

先行するTEAM1。




後発のTEAM2。



P1付近にたどり着いた時、CPから新たな指令が…。
「MINE AREAに友軍機が墜落!パイロットは脱出した模様!TEAM2は至急パイロットの救出に向かえ!」



我々の任務は救出任務に切り替わり、急遽作戦を練り直す。

TEAM1とはここでお別れ。
共に健闘を祈りつつそれぞれの任務につく…。



UNKNOWN AREAを通り抜けMINE AREAに移動する。


TEAM2にはスナイパー・ユニットが組み込まれている。
最後尾を彼らに守ってもらえる事は頼もしい。







ポイントに到着し、辺りを慎重にうかがう…。
「SHIT!ヤツ等 居やがる…。」
想像より早くVC共が散らばっている。TEAM1もP4で戦闘を始めていた。



VC共は我々の存在に気付いてない。今ならTEAM1を援護できるが…



するとCPT-JOSHUAが
「…任務優先だ。今戦闘を始めたらパイロットが危ない。」
無常にも時間だけが過ぎていく…。



前方での戦闘も落ち着いてきた頃CPT-Jが
「オレが先行する。オマエ等は5分後に潜って来い!」
「Rog !」


そして5分経ち
「よし、潜入だ。みんな必要な弾だけ持って装備を外すんだ!」


「2人着いて来い!残りはバックアップだ!」
潜入を開始するRABBIT。




CPT-Jに合流後、潜んでいると思われるパイロットを検索しつつ周囲をうかがう。
目の前の戦闘は終わったようだ。だがここは敵のテリトリーのど真ん中…。油断は死を招く。
「よし、移動だ。装備を着けてみんな連れて来い!」
「Rog!CPT、コイツ(AK)を置いてく。」


命令を仲間に伝え再び装備を装着する。

その時、CPT-Jの居る位置から銃声が…。


「SHIT!CPTが危ない!」


手持ちの武器はハンドガンだけだがオレの後ろには仲間が居る。


「ダメだ!数が多すぎる!」


「RTO!CPに繋げ!このままじゃ全滅する…一度隊を引き返し態勢を整えて再アタックする!
パイロットにはじっと潜んでろって伝えろ!」





こうして我々は脱出に成功しCPに帰還する事ができた。
しかし任務はまだ終わってない…。
CPに報告をして弾薬や装備の再点検を済ませる。
まだ仲間が取り残されているのだ。放っておく事などできない。








後半へ続く…。





同じカテゴリー(ヒストリカルゲーム)の記事画像
拝啓、『NAM☆NAM2014~秋の陣』より。
拝啓、『NAM☆NAM2014』より。~後半戦
拝啓、『NAM☆NAM2013』より。
拝啓、ナム☆サバ2013より。
同じカテゴリー(ヒストリカルゲーム)の記事
 拝啓、『NAM☆NAM2014~秋の陣』より。 (2014-11-23 16:21)
 拝啓、『NAM☆NAM2014』より。~後半戦 (2014-06-08 16:38)
 拝啓、『NAM☆NAM2013』より。 (2013-11-05 08:53)
 拝啓、ナム☆サバ2013より。 (2013-07-23 15:59)
この記事へのコメント
格好良すぎです!
良いですね。
この白熱した闘いと時間を同じくして、一匹狼はR&Rで『市民大清掃任務』を行っていました(泣)
 後半も楽しみにしています。
Posted by Q州の一匹狼Q州の一匹狼 at 2014年06月03日 19:45
近県で開催してるので参加したいものですね、羨ましいですね(;´Д`A
Posted by Animal MotherAnimal Mother at 2014年06月03日 20:41
TEAM1の5人が、敵に囲まれ 救援要請も届かず1人また1人と銃弾に 倒れてる時に TEAM2の方は そんなことになってたんスね!!
Posted by Sfc.CrackerSfc.Cracker at 2014年06月03日 20:53
>>一匹狼さん
ありがとうございます!
当日は6月とは思えないほどの日差しでヘロヘロになりました。(笑)

狼さんも『特殊任務』お疲れ様です!
Posted by RABBIT-FOOTRABBIT-FOOT at 2014年06月03日 22:20
>>Motherさん
こんばんは。
また次回開催されるようでした是非お誘いします!
一緒に戦いましょう!
Posted by RABBIT-FOOTRABBIT-FOOT at 2014年06月03日 22:22
>>Sfc.Crackerさん
トゲが…。言葉のトゲが痛い…。
TEAM1の無線聴いてCPT.J殿は半笑いで「ほっとけ。任務優先じゃ」って言い放ってました…。
私共はCPTに従っただけであります。
Posted by RABBIT-FOOTRABBIT-FOOT at 2014年06月03日 22:26
敵に囲まれてコテンパンになりながら、ツリーライン沿いにCAP.Jの偽装メットが見えた時は助かったー!と思ったのにそんな裏話があったとは(笑)
任務優先、たしかにその通りですね!
2ユニットに分かれてのミッションも面白かった!
Posted by Costco at 2014年06月03日 22:39
>>Costcoさん
任務が無ければ助けに行きたかったです。(涙)誰が撃ってもあたるような距離でしたし…。

2ユニットに分けるときは、せめてユニット間で連絡が密に取れる環境が必要ですね。今回痛いほど痛感しました。そうすればもっともっと楽しめそうですね!
Posted by RABBIT-FOOTRABBIT-FOOT at 2014年06月03日 22:56
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。