プロフィール
RABBIT-FOOT
RABBIT-FOOT
のんびりと更新していきます。
NAM中心のつもりですが、時折突拍子もないジャンルの記事を書く事もあります。
温かい目で見守ってください(笑)
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 15人
QRコード
QRCODE

2014年08月30日

アホカリでGETしたモノ

さて今回は、先日のアホカリで我が家に嫁いできたCAMILLUSのアーミーナイフとM16クリーニングロッドの紹介を。
(写真が来るまでの繋ぎだったりもします。)
まずはクリーニング・ロッドから
なかなかいいコンディションです。
これでXMをデコれるって思っていたらCOSTCO殿が一言。「以前、私もつけていましたが折っちゃいまして…」
なぬ~…コイツが折れるだと!?怖い…怖すぎるって事でとりあえず保留する事に…。
よくよく聞いたら銃につけた状態でその上に座っちゃって折れたようで…。
まあ、そのうちつけましょうかね~♪



次はCAMILLUS!
コイツは以前から探していたんですよね~。
なんせCAMILLUSって1回潰れてるし、今現在はどっかの会社にブランドごと買い取られて再建されてはいるもののアーミーナイフはラインナップに無いし…。あったとしても製造年の刻印が違うし、ディティールも変わってるだろうし…。





CAMILLUSとは…創業1876年の超老舗ナイフメーカーであります。
創業より米軍個人装備を納入してきた実績を持つ軍用ナイフの超有名メーカーではありますが、
乱立する他社に圧迫され次第に影を薄くしていくのであります。
その灯火は2007年に消えてしまいました。



では、じっくり見ていきましょう。
飾りっ気のないタフさが際立つボディー。



メインのブレード。
刃は鋭角すぎる事もなく鈍角過ぎることもない…。
まあ、いたって普通な感じです。切れ味を求めるなら間違いなくVICTORINOXですね。


ブレードには製造年と会社ロゴが入ってます。


次に缶切り。
コレに関しては…CAN OPENERって刻印、必要か?って感じです。
いちいちこういう所に打刻するっていかにもアメリカらしいです。(笑)
当時はレーションの缶を開けるのに大活躍だったんでしょうが、
今となれば缶を開けるより硬く締めすぎたロープをほつくのに活躍してくれそうです。


続いてマイナスドライバーと栓抜き。
アメリカはマイナスのネジ多いですからねぇ~。


最後にオレンジピーラーとリーマーです。
オレンジピーラーは過去の大戦の名残なんでしょうね。
リーマーは恐らく後から付随した機能かと記憶していますが、定かではありません。(汗)
リーマーの先は鋭くなっているのでジュースやビールの缶の飲み口の穴を開けるのに活躍してたんでしょうね。



コチラはVICTORINOXのソルジャー(現行品)です。
VICTORINOXの原点にして最高のナイフ。(1884年創業)


ソルジャーは各種ブレードの開閉も楽でさほど力もいりませんが、ドライバーで無理にこじるとハンドルが歪みそうです。
その点アーミーナイフはブレードの開閉にこそ非常に力がいりますが、ガンガン使っても壊れる気配が感じられません。
「多少無理があっても力でなんとかしてちょうだい」ってのがCAMILLUSのいい所!?
「タフに優るモノは無い」的な。(笑)






同じカテゴリー(装飾品)の記事画像
よし、やってみっか!
めぐりあい宇宙(ガス)
左舷CS薄いぞ!!ど~なってるのォ!?
ちっちゃなこだわり
同じカテゴリー(装飾品)の記事
 よし、やってみっか! (2014-10-14 17:31)
 めぐりあい宇宙(ガス) (2014-04-22 17:28)
 左舷CS薄いぞ!!ど~なってるのォ!? (2014-04-19 16:45)
 ちっちゃなこだわり (2013-02-05 18:09)
この記事へのコメント
良い買い物でしたね。
小物の充実は嬉しいです。
缶詰め開けるのも、より楽しくなります。

あっ、クリーニングロッドはハンドガードに着けた場合に先端が紛失し易いので、ブラックテープで巻いておくのをオススメします。
Posted by Q州の一匹狼 at 2014年08月30日 15:09
>>一匹狼さん
両方とも想定していた価格より安く買えて大満足でした。

クリーニングロッド、アドバイスありがとうございます!早速テーピングします(笑)
Posted by RABBIT-FOOTRABBIT-FOOT at 2014年08月30日 15:21
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。